スケッチ、いろいろなところで

 hagaki

イタリア


 わたしはスケッチのつもりなのですが、イラストなのかも。
ハガキ用紙で気に入っているのはゴッホブランドのコットンペーパーのもの。 これに鉛筆で下書きをして、万年筆で墨入れをします。 1枚書き上げるのに少なくとも1時間くらいはかかります。
 旅行のときには休憩を兼ねて座り込みます。 カフェのいすとは限りません。道ばたの石段に座り込んだり、座るところがなければ立ったままのときもあります。
ユースホステルの屋上やベランダからコーラを飲みながら、ゆっくり夕景を描くのがいちばん幸せなときです。
campidoglio
ローマにあるカンピドーリオ広場はぜひ描きたかったところ。広場に面する石段を上がりちょっと高くなったところで、しっかり日差しをあびながら描く。やわらかくふくらみをもたせた広場はお皿の模様のようにも見える。ここはミケランジェロが設計したと伝えられている広場です。
roma
ベネチアは奇跡の街に思える。干潟の泥にいっぱいの杭を立てて、その上にこんな石畳の迷路の街ができているなんて。
地図と方位磁針を持って街をぐるぐる この迷路を歩き回るのを楽しみました。
Lucca
ローマ時代の遺跡あとが住居になっている。円形競技場の真ん中は丸い広場になっていて、周りには外壁を利用して住居がぐるりと取り巻いている。大阪の下町のように楽しいおしゃべりが聞こえ、犬の散歩のひとや観光の人も通っていきます。
Ape P50
50ccのオート三輪、ミゼットではないけど現役で働いている。このサイズならローマの細い裏道でも行けるので便利。 apeとはミツバチのこと、しっかり働いているこれと同じ大きさのオート三輪に この朝市の広場でいくつも出会った。
Firenze
フィレンツェの宿は4階の部屋、エレベータがなく階段をがんばって上ると、部屋の窓からドゥオーモの先端が見えます。昼間は強い日ざしでも夕方になるとぐっと涼しくなります。
Roma


Sagrada Familia

スペイン


バルセロナにあるサグラダファミリア教会の尖塔に登らせてもらい、尖塔と尖塔を結ぶ細い橋のようなところで描く。他のところは通路の幅がひとり分しかなく、立ち止まってスケッチできるところは少ないのです。
この位置はバルセロナの街をはるかに見下ろす高いところです。

cordba
乾いた大地のスペインでは 豊かに流れる冷たい水はとても贅沢。
アランブラ宮殿の中庭で。ライオンたちの噴水のはずだったが、わたしには11ぴきのねこに見える。
cordba
昼間は暑かったコルドバも夕方になると涼しい風が吹いてきます。ユースホステルの屋上にコーラとハガキを持っていすを占領して。民家のスペイン瓦の風景を描きたかったので、ゆっくり時間を取って日暮れまで座り込みました。 翌朝 もう一度朝日を見に行くと、空いっぱいにイワツバメがたくさん飛び交っていました。
espana
食事はスーパーで買ってきたものをユースホステルで食べるか、このような安いレストランで。地元の方がよく利用されているところはやはり安くておいしい。ここで日替わりメニューを注文することも多い。はじめは辞書を出してメニューを調べてたが、となりのおじさんが食べているのを教えてもらって注文した。
espana
やはり、その土地のひとを描きたいけれど 見つめないように。

prague
hungryface

ドイツ


hameln
ユースホステルのそばを流れる豊かな水量のヴェッサー川。中洲にポプラが茂っているそばを運搬の小さな仕事の船が通っていきます。この川には、町の人との契約で人々を困らせていたネズミを笛で誘った伝説が残っています。
fussen
夕暮れの遅いドイツの夏、ようやく暗くなりかけた石畳の広場には木のベンチが並べられ、カントリーミュージックで盛り上がっていた。空いている席に座ってスケッチしようとしたら、すぐにビールのジョッキが運ばれてきた。飲まないで描くだけでもいいですか?と断ると笑顔で応対してもらった。
hameln2 ユースホステルを朝早くに出発して ヴェッサー川のそばにすわって スケッチを描いていると、おじいさんが散歩に来られました。もう朝食は食べたか?とたずねられました。わかったドイツ語はそれだけだったけれど 心配してもらったのはわかりました。 ありがとう。
KastnerMuseum
ドレスデンはエーリッヒ・ケストナーが生まれたところ。ケストナーの記念館があることを ここに来るまで知らなかった。
記念館は案内のひとに 説明をたくさんしてもらいながら部屋をまわっていく、残念だが聞き取れるドイツ語の単語はごくわずかだった。
庭に出て大きなプラタナスに包まれたちいさな記念館を描く。パンとリンゴとコーラの昼食をとりながら、ゆっくりスケッチする。

FrauenKirche morgen

gent
川沿いのテラスで、生演奏とワインもあって めずらしく今日は ちょっと贅沢な夕食。
blussl
ベルギー、ブリュッセルのYHの窓から。鉄製のベランダの手すりが それぞれデザインされた模様になっていてとてもいい。
rotterdam
オランダの昔の漁船が運河に残してあった。センターボードが舷側に付いているのがオランダの帆船。
鬼号で北海を横断してしまったジョン船長たちが出会ったのも こんな漁船だったのだろう。
canalbus
オランダの運河で船のバスに乗った。ゆったりした進む方でのんびりと進んでいく。
入り口の段に腰掛けた車掌さんはアイスを食べながら、操船する船長さんと話し続けている。
magerburg
運河と跳ね橋がいっぱいあるアムステルダムの街。川べりの台船にちょこんとちっちゃな小舟が乗せてあった。
通勤もみんな自転車でたくさん道を行かれる。道ばたにとめてある自転車のとても太い鎖とがんじょうな鍵がすごい。
Tour Eiffel
エッフェル塔はとても大きい、この大きさを描きたくて 塔のそばで見上げながらスケッチを始めた。
テロ警戒の銃を持った兵士の方がふたり ちょっと近づいて調べに来られ、ニコッと笑顔で見て行かれた。
Vezelay
フランスの田舎町、町のある丘のまわりはぶどう畑が広がっている。ここは巡礼の出発地のひとつ。
古い街並みの道、石畳の坂を黒犬と散歩のひとが上がって来られた。

上海
上海 昆山花园路で見つけた歴史あるアパート、母が幼いときここで暮らしていた頃にもあったかもしれない。洗濯ものを掛けるしかけが部屋から伸びているのがいい。後日、この近くの乍浦路(チャッポロ)のあたりで幼い頃を過ごしたことがわかった。日本租界だったこの場所を通りかかったのは偶然だったが、母の育った街へ行けたことがとてもうれしい。

杭州
杭州の歴史ある漢方薬の店、休憩できる庭はみんなのおしゃべりの場です。
スケッチをしているといろんな人がのぞいていく。その中で話しかけて親しくなったのが呉さん。漢字なら通じると筆談しているノートをそばでのぞき込んでいた人が大きな声で何か言いだした。内容を書いてもらったら「軍国主義、以前、日本、錯誤、靖国」など思いがけないことだった。
平江路
電気は来ているのだが、昼間に電気をつけていることはなくて、外からみると家の中は真っ暗だ。調理もできれば外でやる方が明るくて涼しい。川べりのアオギリの木陰では 昼食の準備に、おじさんが野菜の下ごしらえをしている、横では おばさんがとなりの人と大きな声で話していた。焚き付けの木ぎれを割って 練炭で調理をするようだ。下町のゆったりした暮らしはとてもいい。
平江路
蘇州の古い街、平江路のユースホステルに泊まった。夕涼みの橋で犬がペットボトルを投げてもらって遊んでいた。
この橋のそばで描いていると、中国語で Mingtown Hostelはどこですか?と聞かれた。私の泊まっている すぐそばのユースホステルのこと。私の娘と同じくらいの年かな?山西省の山西大学中文系で学ぶ大学生。英語が通じるので筆談しなくて良かった。

紹興
「世界ふれあい町歩き」で出てきた川べりの路地を巡り歩いた。川の水は生活の炊事や洗濯などいろいろ利用されている。そばに川のある家は この川へ降りて男の人が洗濯しているのが普通。川は少しにごっていてゴミもあるが、小さな魚もいっぱいいる。

紹興
駅前から水路の町まで、三輪車に乗った。自転車の後部にせまい二人乗りの座席があって、ジャン・レノみたいなおじさんが自転車をこいで行く。登り坂のところでは降りて自転車を押して行く。降りていっしょに押したくなった。狭い街路をわざわざ観光のために通ってもらったのがよくわかる。ことばは通じないのでスケッチブックに漢字で筆談しながら進んだ。運賃ははじめに交渉してあったのですが、降りるときには感謝をこめてたくさん渡した。

flagSketch


prev > NancyBlakett
next > Bird
Japanese <--->EnglishEnglish
myself
紹興にて